So-net無料ブログ作成
ソルトウォーターフライロッド ブログトップ

ZG HERIOS & CROSSCURRENT GLX [ソルトウォーターフライロッド]

IMGP2097-500.jpg
ORVIS ZG HERIOS 9' 10wt & G. LOOMIS CrossCurrent GLX 9' 10wt

オービスが2008年に投入した、ゼログラビティ・ヘリオス、
登場してからもう何年か経つのですがいまも現役の、ルーミスのクロスカレントGLX、
この国で買うと2本で20万円以上になる、オービスとルーミスのハイエンド・ソルトウォーターロッドを比較してみました。

自分で書いていて恐ろしいのですが、
いつの間にかマスプロダクション・グラファイトロッドが1本10万円の時代になったんですね~(--;)

メーカーによる説明では、この10番用のゼログラビティ・ヘリオス、オービス流のアクション表記では、TIP FLEX 10.0、となり、オービスのロッドでは最も先調子に分類されるロッドです。
また、クロスカレントGLXのアクションですが、PowerはStiff、TaperがFast、とホームページに記載されています。
オービスとルーミス、それぞれのメーカーで最も硬くて速いアクションのソルトウォーター用フライロッドで、メーカーの持つ最新のテクノロジーを駆使して最先端かつ最高のグラファイト系コンポジット素材から作られているようです。
特にオービスの方は最先端軍事技術の応用だそうな・・・

こうやって書いていると、
この2本のロッドは似た性格なんだろうな、
って想像される方が多いと思います。

ところが・・・

続きを読む


nice!(2) 

G. Loomis FR10812-4CCGLX [ソルトウォーターフライロッド]


"G. Loomis FR10812-4CCGLX" 9' #12 LINE Cross Current GLX

当ブログで「カタオチじゃない」グラファイトロッドを題材にするのも、とうとう3本目になりました(笑)
"
G.Loomis"のソルトウォーターロッド、クロスカレントGLX、もちろん「現行商品」!

入手経路は、やはり・・・っちゅうか、いつもながらの「中古」でございます(笑)
だって、最近の「海用ハイエンド・フライロッド」って10万円もするんだもんね~。
海用の竿っていう消耗品に、そうホイホイとは新品を買えないですよ・・・(-_-)

セカンドクラスにしたらいい、という意見もございましょうが、
「メーカーの威信をかけた最新型」ってどんな竿なんやろ?
っていう好奇心が満たせないので、僕としては興味を持てないんですね。
ましてや、どこぞのクニで作られたアリモノの竿にブランドネームをくっつけただけの竿なんて、
ブラケット氏じゃなくたって、ふざけんじゃね~よ・・・、て思います。

続きを読む


nice!(1) 

G. Loomis FR1089 9' #9LINE GLX [ソルトウォーターフライロッド]


G. Loomis FR1089 9' #9LINE GLX

これまたヤフオクでの落札ロッドです。お値段はそこそこでした(笑)

以前のブログ、

http://blog.so-net.ne.jp/alchemy/2007-07-31

でも書いたのですが、
レトロ趣味(笑)かもしれないですが、僕はこのタイプの"GLX"が好きです。

続きを読む


nice!(1) 

Orvis T3 911-4 Tip Flex 9.5 9' #11 LINE [ソルトウォーターフライロッド]


Orvis T3 911-4 Tip Flex 9.5 9' 6 1/8oz #11 LINE


残暑お見舞い申し上げます。

猛暑が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


カンカン照りの夏空のもと、
和歌山四国沿岸のシイラ状況は、サイズは下がってきたものの数的には良くなっているようです。
しかし、どうしてシイラって季節の進行と共に型が小さくなってくるのでしょうねえ・・・

続きを読む


nice!(1) 

G. Loomis FR10810-4CCGLX [ソルトウォーターフライロッド]


"G. Loomis FR10810-4CCGLX" 9' #10 LINE Cross Current GLX

当ブログで「カタオチじゃない」グラファイトロッドを題材にするのは初めてですが、
"
G.Loomis"のソルトウォーターロッド、クロスカレントGLX、「もちろん現行商品」です(笑)

続きを読む


nice!(0) 

G. Loomis FR1088-4 GLX [ソルトウォーターフライロッド]


G. Loomis FR1088-4 9' #8LINE GLX

先日、ヤフオクで落札したロッドです。
輸入代理店経由じゃない「平行モノ」なのが皆様のお気に召さなかったのか、ラッキーなことにリーズナブルな価格で手に入りました。

もちろん、破損した場合の修理などデメリットはあるのですが、その時はメーカーの"G. Loomis"に直接コンタクトを取れば、コスト面はともかくとして何とかなるはずですしね。
輸入業者の中には、とても正規代理店とは思えないような対応をしてくださる会社もあることを考えれば、ダイレクト対応の方がかえって気持ちがいいかも・・・(苦笑)

これが以前から探していた、4ピースモデルの"GLX"なんですね。
"GLX"の2ピースモデルは、今も"Classic Fly Rods"としてカタログに載っていますが、4ピースのモデルはすでにカタログ落ちしています。

続きを読む


nice!(2) 

Scott HeliPly 88シリーズの御先祖様 [ソルトウォーターフライロッド]


SCOTT G888/3HP 8'8" 4.3 oz #8

先日、また中古で手に入れた、SCOTT G シリーズ。
「Scott スコットのGシリーズの8フィート8インチ8番ロッド」としか説明がなかったので、確信がなかったのですが届いてみたら、やはりへリプライでした。
おそらく最初期型のへリプライだろうと狙っていたので予想通り!
確か93年に登場した、8'8"へリプライとしては最初のモデルです。

続きを読む


nice!(1) 

Thomas & Thomas そして Abel [ソルトウォーターフライロッド]


"Thomas & Thomas HS 909S 9' #9 Line" & "Abel SF 909-3 9' #9LINE" 

どっちの竿も今ではすでにカタオチ。おまけに中古での購入でございます(笑)
もう一つおまけに、どちらもこの国ではあまりメジャーなブランドじゃないですね。

といっても、"T&T"はフライロッドメーカーとしては今や老舗ですから、リールメーカーの"Abel"がブランクをどこぞのメーカーに作らせたものと一緒にするのもちょっと・・・、
って気もするのですが、おもいっきり
"Made in USA"
と書いてある"Abel"のブランクは、きっと「まっとうなメーカー」製でしょうから同列に扱っていいかと。
おそらくは西海岸系のアレ社かコレ社のブランク、アクションはありもの流用ではなくてオリジナルかなと思うのですが、極端な話、スパインの位置やガイドスペーシングを変えただけでアクションは変わるので実際のところはどうなんでしょうね?

続きを読む


nice!(0) 
ソルトウォーターフライロッド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。