So-net無料ブログ作成

"Jim - san" からの荷物 [バンブーロッド "Bamboo Rod"]

IMG_0005-485.jpg
California の "HRC" から荷物が・・・

"HRC" といっても、"Honda Racing" じゃなく、

"Hidy Rod Company" の頭文字。

中身は、

もちろん「フライロッド」です。

 

IMG_0015-485.jpg
2本の、"Jim Hidy" 7'9" #4 3P2T

届いたのは手前側、シガーグリップが付いた方。 

年末に修理のためにお預かりしていた竿です。

 


IMG_0015-485-2.jpg
グリップまわりのアップ、中身は同じ竿でも、雰囲気が変わりますね~

 

IMG_0019-485.jpg
違う角度から・・・

上に写っているのが、"Jim Hidy" のスタンダードスタイルとも言える、ほとんど抑揚のないフルウェル。

下の1本は微妙にテーパーの付いたほぼストレートなシガーグリップ。

いずれにしても、"Jim-san" は微妙に抑制のきいたラインのグリップが好きみたいですね。

 

IMG_0020-485.jpg
リールシートのフィラーは「バーズアイ・メイプル」と「ウォルナッツ」

傷が付いたり、ブルーイングが剥げたりしているのは、使っている竿だからです・・・(^^ゞ

 

ライトカラーにはバーズアイかタイガーの「メイプル」
ダークカラーには「ウォルナッツ」
という、ウッドの選択も "Jim-san" のスタンダードです。

"Jim-san" のグリップまわりでは、グリップエンドの金具に特徴があります。
"Hidy Rod" のアイコンと言ってもいいでしょうね。 

レタリングや金属部への刻印を見なくても、その竿を作ったメーカーがわかるための工夫を、ほとんどのロッドメーカーがいろいろと試みるわけですが、このコルクグリップとリールシートを繋ぐ独特な形のパーツはひとつの成功例だと思います。

ここを見ると、グリップの形が違っても "Hidy Rod" だってわかりますからね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。