So-net無料ブログ作成

高知県へ [釣行雑記・渓流&川、そして湖沼]

3月最後の週末は、四万十川の源流域へアメゴ(アマゴ)を釣りに。

 

IMGP3644-800.jpg
菜の花も、


 

R0010315-800.jpg
桜の花も、満開に咲いているのですが・・・

 

翌朝は氷点下。

 

R0010268-800.jpg
クルマも、

 

R0010275-800.jpg
川原の草木も、

 

朝日に輝く、霜に覆われて・・・

日中も空は晴れてはいるものの、北風は冷たく、気温も水温もひと桁台のまま。

 

IMGP3652-800.jpg
この程度で勘弁しといてやろう・・・(笑)

 

 

R0010288-800.jpg
泊まったのは檮原(ゆすはら)の『岡スエ商店』、このお店の2階。

 

お店は生鮮食料品から日用雑貨までを商う、懐かしい「よろずや」さん。

名物は『鯖寿司』と『鰹のたたき』

この鯖寿司は、鯖寿司は食べれないと言っていた友人が、おみやげに持って帰るほどのモノ。
鰹も、大阪じゃいくらお金を出しても食べられない美味しさ。

川原で出逢った土木関係の方のお話によれば、
『岡スエ商店』は、この界隈でも食べ物が美味しいことで有名なお店で、
高知では宴会に欠かせない『皿鉢料理』も凄いらしい・・・

と言うことで、高知遠征はグルメツアーと化したのでした。

 

岡スエ式、鰹のたたきの作り方。 

R0010304-800.jpg
1本8㎏ほどのでっかい戻り鰹を、藁を燃やした火で一気に炙ります。

 

R0010307-800.jpg

 

R0010310-800.jpg

 

R0010313-800.jpg
焼き加減に満足げな、『岡スエ商店』のご主人。

 

『岡スエ商店』の料理は、92歳のお祖母様が仕切っておられるみたいですが、
焼き物は、やはり「男の仕事」のようです。

ほんとうに、ごちそうさまでした。 

 

あ、そうだ、

『岡スエ商店』の若旦那は、
この檮原界隈で唯ひとりの、フライフィッシングをする釣り人だそうですよ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。